墓地や葬儀の費用が高い……。納骨堂ならその費用を抑えられる!

菊の花

負担が軽くなる

手を合わせる

普段から葬式のことを考えることは、それほど多くありません。家族や親しい人との別れは突然です。そのため、普段から、葬儀の費用について考えることもそれほど多くはないのではないでしょうか。たとえば、葬儀や墓石にも、けして少なくない費用がかかります。たとえば、一般葬と呼ばれる、親戚縁者や近所の方をお呼びする葬儀であれば、100万円以上の費用がかかることも少なくありません。そして、墓地の区画、墓石にも多額の費用がかかるようです。とくに、東京のような大都市では、葬儀も墓石の費用も高額になりがちです。そのため、東京などでは、一般的な墓地にかわって「納骨堂」で供養する人も増えているようです。納骨堂とは、骨壺に入れた遺骨を安置しておく建物のことをいいます。東京でも増えている納骨堂は、墓地と違って土地を必要としません。納骨堂によっては、ロッカー式になっていたり、マンションのようになっている場合もあります。また、仏教、キリスト教など宗教や宗派を問わないことも、遺族にとっては有力な選択肢となっているようです。とくに東京都内には、日本最大級となる9階建ての納骨堂もあります。この納骨堂は、日本だけでなく、海外でも、普及しているようです。やはり、都内の霊園となると、人気もあるため、簡単に区画を購入することはできません。また、墓石を購入するにも、多額の費用がかかってしまいます。その分、納骨堂であれば、広い土地も必要としませんし、多額の費用がかかるという負担もありません。

一般葬は高額?

たたずむ女性

一般的な葬儀スタイルである「一般葬」は葬儀会館やセレモニーホールなどを借りなければならないため、多額のお金がかかってしまいます。しかし最近では流通大手の企業なども参入していて、その費用も下がりつつあります。

最近の葬儀スタイル

拝む男性

最近増えている葬儀スタイルが「家族葬」です。家族葬は家族や親族が中心になっているため小規模で少人数でおこないます。費用の面でも少額で済みますし、葬儀の案内や香典返しなども考える必要がありません。

墓石や墓地にもお金が必要!

お墓

葬儀と並んで悩ましいのは墓石や墓地のことでしょう。墓地の区画を購入するとなればもちろん必要が必要ですし、大阪や東京などの大都市近郊にある有名な霊園などの場合、さらに多額の費用が必要になります。

トピック一覧

参列する人 「墓地や葬儀の費用が高い……。納骨堂ならその費用を抑えられる!」のトピック一覧です。