一般葬は高額?|墓地や葬儀の費用が高い……。納骨堂ならその費用を抑えられる!

墓地や葬儀の費用が高い……。納骨堂ならその費用を抑えられる!

菊の花

一般葬は高額?

たたずむ女性

一口に葬式といっても、さまざまなスタイルがあります。たとえば、一般的な葬式のスタイルが「一般葬」と呼ばれるものです。お通夜、告別式を故人の親戚縁者や、近所の方、または生前に付き合いのあった人をお呼びして、参列してもらう葬式のことを言います。葬儀会場も、自宅で行う場合から、葬儀会館、セレモニーホールで、行う場合までさまざまです。一般葬で、葬儀会館やセレモニーホールを会場として借りる場合には、それなりの出費も必要になります。平均的な費用は180万円を超えるともいわれています。さらには、時間の面でも、お通夜から葬儀まで、2日間がかりとなります。そのため、喪主にとっては、たいへんな負担となります。一方で、喪主にとって一般葬での葬式は負担となるものの、親戚縁者や近所の方までくまなく参列してもらうため、義理を果たしやすいというメリットもあります。故人にとって生前に付き合いのあった方の中には、葬儀の案内がないことで、不愉快な思いをされる場合もあるかもしれません。一般葬の場合では、そうした思いをされることがないという安心感もあるのではないでしょうか。
また、一般葬をあげる場合にも、最近では流通大手の業者も葬儀に参入しており、費用は下がる傾向にあります。また、高齢化が進んだことや、地域の結びつきが薄くなったこともあり、最近では葬儀会場も多くなっており、競合が激しくなっているようです。そのため、喪主の多様なニーズにこたえられるようになっているとともに、費用も下がっているといえそうです。